自動車のローンを組むなら、どの消費者金融がオススメですか?

入社5年目の会社員です。マイカーを購入するにあたって、消費者金融からの借り入れを受けようと考えているのですが、比較したい消費者金融の種類があまりに膨大で、いったいどこからお金を借りるのが一番なのかよく分かりません。

自動車のローンを組むなら、どの消費者金融がオススメですか?
事情に精通している方、教えてください。

金融機関の特色を比較したサイトがたいへん便利です

消費者金融は民間の企業ですから、一人でも多くの顧客を獲得すべく、各社がしのぎを削ってサービスを展開しています。消費者金融を利用する側の人間にとって、これは非常に喜ばしいことなのです。しかしその半面、余りにもサービスの種類が豊富になりすぎて、いったいどれを選べばよいものか分からなくなる、ということもしばしば。

買い物の種類が大きくなればなるほど、多くの金融機関の情報を必死に集めてください。また、検討する段階においては、銀行からの借り入れも考慮すべきだと思われます。そのうえで最終的に消費者金融のお世話になりたいと考えたなら、例えばすでに消費者金融を利用した経験を持つ知人からアドバイスを請うのも有効ですし、あるいは冒頭にあげたように、ネットからの情報を得るのも得策です。

金融機関の特色を比較したサイトは、字が多くて読み進めるのが面倒だ、と感じる人がいるかもしれません。けれども、情報の提供元が様々に工夫を凝らしているので、お金を借りたいなと思う人は多少の面倒を我慢して、しっかりと情報をつかんでください。苦労をしてつかんだ情報は必ず、あなたのためになります。

ある金融機関から借り入れを受けてみたけれども、なんだかしっくりこなくて他の金融機関からも借りる、ということを繰り返していれば、いつかは借金で首が回らなくなります。基本的に、金融機関に関する情報不足、借り手の側の認識不足によって多重債務の悲劇は起こるので、お金を借りたいなら、金融機関に関する情報はしっかり集めましょう。
例えば皆さん、自分の趣味に関することなら、色々な資料を真剣に読み込むでしょう。海外旅行を行く前に、色々な旅行会社からパンフレットを取り寄せたりね。
それと同じような熱心さで、金融機関に関する情報を集めてください。

自分に合った借入金額が重要!オススメに惑わされないローン探し

キャッシングやローンを手軽に申し込めるところが、昔よりも増えてきた現代です。銀行のカードローンも以前よりも審査の基準も厳しくなくなってきていますし、消費者金融のCMにも有名な芸能人が出ていたりして、かなりキャッシングをすることについて、敷居が低くなってきています。

またインターネットも普及したことで、いろいろなサイトでキャッシングの紹介をしていたりして、良いところはよくわかりますが、結局どこを選んだらいいのかわからなくなってしまう場合もあります。

それでもやはり初めてキャッシングしたいときに重要なことなどは知っておきたいですよね。実際の話、キャッシング選びの基準点はどこにあるのでしょうか。

まずは銀行などの金融機関かそれとも消費者金融などの貸金業者か、です。これは、すぐにでもキャッシングしたいかそうでないかで選ぶことが出来ます。銀行のカードローンも最近では最短で数十分で審査が完了するところもありますが、それでも大口の融資だと審査には時間が掛かります。逆に早いキャッシングが可能なのが消費者金融で審査に通りやすいといわれているのもこちらです。

なので、借りる必要があるのだけれどまだお金を使うときまで1ヶ月先などの時間に余裕がある場合は銀行や信用金庫で。急な出費や急ぎの用事などは消費者金融というのが適しています。

例えば消費者金融からのキャッシングに決めたとして、こちらもいろんな会社がありますね。選ぶとしたらCMなどをしている大手の消費者金融がやはり安心です。また平成22年に改正された貸金業法で「貸し付けは年収の3分の1まで」という決まりが出来ました。

銀行については対象外の法律ですが消費者金融が守らなければならない貸し付けの限度ですので、これより多い借り入れを勧めてくるようなら、それは危ない貸金業者である可能性が高いです。魅力的な金利を設定しているかもしれませんが避けた方が無難です。

そして年収は誰よりも自分が良く知っています。無理な借り入れを避けるためにも「融資限度額は○○万円」という数字を必要な額で選ぶのではなく、自身の年収3分の1の範囲の額で選ぶというやり方にしたほうが間違いないでしょう。銀行も消費者金融も限度額以上の融資やキャッシングは出来ない決まりなので、その決まりを上手に使えば、借入額が膨れ上がる心配も減ります。

家や車の購入で、どうしても大金が必要という場合を覗き、初めてのキャッシングをするひとで日々の生活の中で100万円以上のお金が必要になる場面はまずありません。けれど借りる側である私たちは、どういうわけか限度額の大きさばかり目がいってしまう傾向にあります。銀行も消費者金融も誰かにお金を貸すときに発生する金利で利益を得ているので、基本的には「貸すこと」が仕事。

例えば融資額800万円まで、という文字は大々的に宣伝されますし書いてあると目を引きます。でもそれは自身に必要のない金額であることを自覚して下さい。

融資の金額や金利、返済方法と、さまざまなオススメポイントがあるキャッシングですが、結局一番大切なのは私たちが「借りる側のルール」をどれだけ守ることが出来るかであると思います。高額融資で低金利よりも「自身の生活を問題なく送れる範囲の借入金額と返済計画」がキャッシング選びの何よりの基準点です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ローン審査に通りたい!【※期間限定】 絶対借りるランキング! All Rights Reserved.