消費者金融と国民金融公庫は併用できるか?

キャッシングベスト3

消費者金融からの融資があっても、国民金融公庫を利用できるの?

大学を卒業してからこれまで三年間にわたり、親の後を継いで自営業を続けています。業績も徐々に上向いてきて、思い切って事業の拡大を図りたいのですが、商売を続けていくためには、とくに初期投資のために大きな金額が必要となります。

私はすでに、消費者金融からの借金があります。これまでの返済状況に問題はありませんが、申し越しお金が入り用なので、国民金融公庫からもお金を借りたいと考えています。

消費者金融からの融資があっても、国民金融公庫を利用できるの?

事故者でなければ、消費者金融と国民金融公庫を併用できます

この世に楽な仕事はないのですが、自営業って特にたいへんですよね。例えば株式会社と言うものは、株と言うものを信用の証にして、他人からお金を借りることで経営しているようなものですが、自営業者にはそういう資金の流れが持てないわけです。そういう意味では、自営業者と有限会社の経営に就いては少しだけ似ているところがあるのですが。

難しい話はさておき、自営業を営む方が事業の拡大などを意図して、消費者金融からお金を借りるというケースはよくあります。ただ、借り入れの限度額などの問題があり、どうしても他の金融機関からの借金と併用したいという場合があるでしょう。借りるお金は少ないに越したことはないのですが、人生の勝負の場面ではこういう判断も必要です。

結論を言えば、消費者金融からのキャッシングと国民金融公庫からの借り入れを併用することは可能です。ただしその場合、借り入れの目的が先述のように事業の拡大など、本当に大金が必要であることが認められるかどうか、それが審査の対象となります。

お金を借りようと考える人は、もちろんそんなことは十分に分かったうえで、消費者金融と国民金融公庫を併用するはずです。だから、借金の目的については特に問題もないでしょう。重要なのは、借り入れを考える人が「事故者」であるかどうかです。要するに、過去に踏み倒した借金があれば、消費者金融と国民金融公庫との併用を考えることは難しくなります。

とりわけ、国民金融公庫からの借り入れは難しくなりますね。
審査の際、過去のキャッシング状況を提示することが求められますが、きちんと滞りなく返済できていれば、白い目で見られることもないのです。ただしやはり、キズ者であれば目立ちますよね。それは仕方のないことだと思います。

お金を借りたいなら、大人としての責任を持って借りてください。

国民金融公庫と消費者金融の違いとは?そもそも国民金融公庫って何?

事業や会社を立ち上げる予定があるけれど資金が足りない。親から代々引き継いでいる会社の資金がもう少し必要・・・というときに頼りになるのが融資ですよね。

けれど、よく見てみると銀行の融資のプランは意外にも「事業資金以外のご利用に限ります」なんて記載があることが多いのです。では、事業主さんは会社を立ち上げたり経営する資金をどこで工面しているのでしょうか。

それは国民金融公庫というところからの融資です。

この国民金融公庫というのは、銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受けることが出来ないような小さな企業や個人に、小口の事業資金を融資してくれるところで1999年に、「国民生活金融公庫」という名前になりました。

銀行や信用金庫などの融資を断られたところが行くということは消費者金融と混同されがちですが、根本的に違います。

消費者金融は、個人に対する融資を行っている貸金業者ですが、国民金融公庫は政府の金融機関なのです

政府と聞くと銀行よりも敷居が高く感じてしまいますが、災害に遭いそれによって苦しくなってしまった経営資金を融資してくれたり、子供の教育に掛かる資金を融資してくれたりするところで、災害に関する融資である場合、無担保で保証人の必要のない融資を行っています。

普通貸付については、保証人か担保のどちらかが必要になりますが業務の指定や制限がなく4800万円までの融資が可能です。金利も固定金利で1,85%という低金利です。

また、規模の小さい企業を対象としているものなので一般企業への融資はしていないので、利用するひとは注意が必要です。

国民生活金融公庫からの融資を受けるには、まず窓口に相談してみることをおすすめします。個人でやっている事業の場合に必要な書類は、借り入れるための申込書、確定申告をしたことの2期分の証明書、見積書、担保が不動産になっているならその不動産の登記本です。きちんと用意するようにしましょう。

申込みが済んだら今度は担当のひととの面談があります。実はこの面談が融資を受けるうえで最も重要と言われています。

これまでの事業でどんなことをしてきたか、どんな利益を出したかを質問されます。そして融資を受けたそのお金で何をしていくのか、返済はどうするかなどを話すことになります。ここで嘘をついたりすると良くないですし意味もありませんので、例え経営が上手くいってなくてもそのことを隠したりせずに、素直に相談しましょう。

「このひとの会社経営を助けていきたい」と担当のひとに思ってもらうことが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ローン審査に通りたい!【※期間限定】 絶対借りるランキング! All Rights Reserved.