アパートを借りるお金を消費者金融からキャッシングする手順は?

入社五年目の会社員です。一念発起して環境を変えたいと思い、就職後もなんとなく居座っていた親元を離れることにしました。持ち家の購入ではなくアパートを借りようと思うのですが、消費者金融からの借り入れ手順がよく分かりません。

アパートを借りるお金を消費者金融からキャッシングする手順は、どのようなものですか?

店頭での申請ほか、ネットキャッシングも大変便利です

アパートを借りる目的でネットキャッシングを利用される方は多くいます。初期費用、つまり頭金を含めたもろもろも結構バカになりませんよね。蓄えがあればベストですが、足りない分を消費者金融からの借り入れで賄いたいなら、最適なプランが金融機関の各社で用意されています。

借り入れの審査は、ある程度の年収が認められ、それが長期的に継続されるものと判断されれば通過できます。さすがに、アパートを購入する場合のことですから、学生ローンのように何の保証もない状態でお金が化してもらえるということはありませんが、一般的なビジネスパーソンが審査に落ちるということはほぼあり得ないでしょう。

審査に落ちてしまう事例として、極端に年収が低すぎたり(目安としては、二百万円未満の年収では少し厳しい)、あるいはすでにほかの金融機関の借り入れがあって、なおかつそれがきちんと返済できていない場合、さらには、公共料金などの滞納が認められる場合等が考えられます。

アパートを借りるためのキャッシングに限ったことではないのですが、最近ではネットキャッシングと言うものも大変便利です。ネット銀行に会員登録する際、すでに自分が利用している普通預金の口座を登録するため、借り入れと返済がその口座を通じて行えるほか、提携しているATM等からも出金・入金の管理が行え、使い勝手は非常に良いです。

アパートを借りるために最初に用意しておきたいお金

冬も終わりに近づくと、それまでひんやりと冷たかっただけの風に植物の匂いが混ざったりして、気分が明るくなりますよね。そんな季節に多いことと言えば引っ越しです。大学進学や就職で実家を出て、ひとり暮らしをスタートさせるひとも多いのではないでしょうか。

ひとり暮らしは親から離れて生活するので不安がある反面、開放的な気分にもなるので今から部屋探しをしながらウキウキしてるひともいるでしょうが・・・でも、浮かれてばかりもいられないのです。

現実的な話、ひとり暮らしを始めるには案外お金が掛かるのです。

ひとり暮らしを始めるときに一番最初に探すのが物件です。アパートにマンション、鉄筋と木造。新築か中古・・・一部屋探すだけでも選択肢はたくさんあります。今はマンスリーの賃貸などもあって家具や家電つきだったりしてお得ですが、中には見た目よりも壁が薄く、上下左右、隣近所の生活状況が筒抜け状態なんてこともあるので、物件選びは慎重に進めるようにしましょう。気になるところがあれば何回か足を運び、大家さんに、しつこいくらい質問するくらいの気持ちでいた方が、後々後悔しなくて済みます。

何度も出向くのも実家から近ければ問題ありませんが、遠くだと交通費も意外と掛かります。念頭に置きしっかり確保しておきましょう。

気に入った物件が見つかって、いざ契約!となったときもお金は必要です。契約書を交わして「はい家賃1ヶ月分支払います!」ではありません。物件情報には家賃の他にも必ず記載されている「敷金」「礼金」が必要になります。でもこの「敷金」と「礼金」って何なのか知っていますか?

まずは敷金。これは保証金の一種で部屋を貸しているひとが貸し出す相手から預かるお金のことで所謂、担保のことです。これは家賃の支払いが出来なくなったときや住んでいる部屋の備品が壊れたときなどの修理費に使われるお金で、だいたい家賃の2ヶ月から3ヶ月分の金額を支払います。

礼金は、簡単に言えば「部屋を貸してくれてありがとうございます」という大家さんへの感謝の気持ちで渡す謝礼金のことです。戦後に出来上がったもので今もそれが残っている風習のようなものです。気持ちで払うならこちらの思う金額でいいと思われがちですが、これも家賃の1ヶ月分から2ヶ月分くらいの金額と決まっています。

他にも仲介手数料があります。これは部屋を紹介してくれた不動産屋さんに支払うお金です。 だいたい家賃の半額から1ヶ月分が相場です。

気に入った部屋の家賃が6万円だとして、ここまででざっくりと計算すると30万円から40万円くらいが家を借りる初期費用として必要な金額になります。また交渉によっては敷金礼金がもう少し安く済む場合もありますので、提示された金額に頷くばかりではなく、大家さんなどにいろいろ話してみることも必要です。

また、大家さんはいい顔をしない可能性がありますが、不動産を通さず直接大家さんと交渉するというやり方もあります。仲介手数料がなくなるのでその分安くなり、契約料や家賃をもう少し下げてもらえることもありますので、試してみる価値はあります。

この他にも引っ越し料金や家具を揃えたりと、費用は諸々掛かります。ひとり暮らしを始めるなら家賃の半年分を用意しておいたほうがいい、と言われているのはこういった費用が必要だからなんですね。

アパートを借りるために、これだけ掛かってしまうお金。契約をするときに焦らないようにコツコツと貯めておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ローン審査に通りたい!【※期間限定】 絶対借りるランキング! All Rights Reserved.